花總まりステージ

コンセプト

「花總まり」はこれまでに世界のさまざまな女王役を演じ、彼女たちの凛とした生き様、野望、気品、信念、恋情、愛・・・を表現してきました。
本コンサートでは、世界の女王たちの物語を、オーケストラの演奏とともにご紹介します。
2019年のミュージカル『エリザベート』においては、発売と同時にチケットが完売するほどの人気を誇る「花總まり」。
ベルリン・フィルからも一目おかれるヴァイオリニスト「古澤巌」。
そして高い音楽センスで活躍するピアニスト「塩谷哲」。

愛に生きた女王たちの物語を描くシンフォニックコンサート、どうぞお楽しみください。